美食リゾート列車・雪月花と糸魚川・妙高~クラシックホテルの上質な時間 赤倉観光ホテル編~

243

こんにちわ、関屋です。

妙高山の中腹、標高約1000mに立つのが赤倉観光ホテルです。
創業は1937年、国際リゾートホテルとして、当時、帝国ホテル取締役会長だった大倉喜七郎により創業しました。

瀟洒なスイスの山岳リゾートのようなホテルはアカカンと呼ばれ、冬は目の前のスキー場が広がりますが、ホテルに一歩入ると優雅な時間が流れるようです。
クラシックな本館に加え、2009年には新館「SPA&SUITE」がオープン。
大浴場やスパ、露天風呂付き客室などが加わりました。

冷えた体を温める温泉は、すべて源泉掛け流し。
源泉は妙高山の中腹に湧出、硫黄のかおりが漂う硫酸硫黄・炭酸水素塩泉という、美肌効果が高い温泉です。露天風呂では、運が良ければ雲海を眼下に入浴することもできるといいます。

とにかく気持ちがよく、いつまででも浸かっていたくなります。

お楽しみの夕食は和食もありますが、フレンチをチョイス。

メインダイニング「ソルビエ」で、地場の食材を組み込んだコース料理をいただきました。

前菜のサーモンに続き、伝統のビーフコンソメスープの滋味深くやさしい味わいにほっこり。
絶賛です!

ジュンサイの食感も楽しめました。魚料理、肉料理も正統派。
日本人の口に合う繊細な味わいです。

添えられるパンもすべて自家製。
ふだんはあまりパンを食べないのですが、美味しくて手が止まらなくなってしまいました。

朝食もメインダイニングで。一日のスタートに相応しく盛りだくさん。
また、美味しいパンをもりもりいただいてしまいました。

今回は素敵な列車旅と糸魚川、妙高の魅力ポイントを紹介しました。

一言では語れない魅力が溢れるのが新潟県!
まずは興味あるエリアから訪ねてみてください。

新潟県妙高市田切216 
℡0255-87-2501 
1泊2食付き1室2名利用ひとり24,000円~、1室1名利用27,000円~
(消費税別、サービス料込、入湯税150円別)