90年以上愛される「元祖・浪花屋の柿の種」/長岡市

197

柿の種といえば、米菓の定番ジャンルのひとつ。みなさんおなじみのおやつですよね。

日本中で愛されているこのお菓子を、大正 13 年に生み出したのが浪花屋製菓さん。実は、この柿の種にはユニークな誕生秘話が隠されているって、知ってました?
創業当初はせんべい作りを生業(なりわい)としていた創業者・今井與三郎氏が、のちに大阪のあられ作りを取り入れ、もち米を使ったあられを製造するように(これが社名「浪花屋」の由来だそう)。
ある日、あられの形を切り抜くための金型を今井氏の妻がうっかり踏みつけてしまい


さらに見る