日本海フィッシャーマンズケープで柏崎のご当地グルメを堪能/柏崎市

3602

ずるずる、どーも!SUSURUでーす!

僕は「毎日ラーメン健康生活」ということで、毎日ラーメンをすする動画を配信しているラーメンYouTuberなんですけども、新潟県の観光協会さんに「ぜひ新潟の魅力を広めていただきたい」というお話をいただきまして、長岡市周辺を旅してきました。

今回訪れたのは、柏崎市にある日本海フィッシャーマンズケープさんです。
こちらはレストランやお土産屋さん、ホテルなどが入った複合施設なんですけども、僕は2つのご当地グルメを食べにやってきました。

まずはサバサンド。想像のくらいする大きなサバと、それを覆い尽くすかのようなオニオンスライス。特製だというパンもふわふわ感が伝わってきます。お好みで塩・コショウレモン汁をかけるといいということなので、多めにかけて早速いただきます。

うまーい!カリッと揚がったサバは脂が乗ってるけど、オニオンスライスとレモン汁のおかげでサッパリ。すごく食べやすい。

柏崎では小学校の給食にも出るというサバサンドですが、元はトルコ料理。柏崎トルコ友好協約主催のトルコ旅行参加者が、現地で食べたサバサンドに感動して帰国後に紹介したのがはじまりだそうです。その後、口コミやテレビに取り上げられて爆発的ヒット。ここ以外では北陸自動車道米山SA(下線)でも売られていると、お店の方に教えてもらえました。
そんな話を聞きながら黙々と喰らっているうちに完食。

続いていただいたのは鯛茶漬け鯛めし・鯛の香り揚げ・鯛のなめろう・三つ葉・いくらが盛られた丼に、鯛の刺身まで付いたまさに鯛づくしのお茶漬けです。いくらが視覚的にも嬉しいですね。

柏崎は新潟県内でも有数の鯛の水揚げ量を誇り、昔から鯛料理を出す店が多かったそうです。そんなこともあって、これまでに何度も国際ご当地グルメグランプリ全国ご当地どんぶり選手権で柏崎の鯛茶漬けがグランプリを受賞。今では全国からその味を求めて観光客がやってくるということで、僕もいただいちゃいましょう。まずは出汁をかけずに。

うわ、うんまっ!鯛の味が染み込んでるから鯛めしだけでもめっちゃうまい!鯛めしだけで完食しちゃいそうな勢いなので、無くならないうちに出汁もかけてみます。

この出汁も鯛から取られた出汁ということで、い〜い香りが漂ってきます。
サラサラとイケてうますぎ。やっぱり出汁をかけた方が鯛と三つ葉の風味が増して、より上品な感じがします。刺身もびっくりするくらい柔らかくて、本当に恐ろしいセットです。
こちらもあっという間に完食。最高でした。
ごっそれい。(ご馳走様です)

日本海フィッシャーマンズケープ
住所 : 新潟県柏崎市青海川133-1
営業時間 : 9:00〜18:00 ※時期により前後することがあります。詳細は日本海鮮魚センターまで。
定休日 : 1月1日
電話番号 : 0257-22-4910(日本海鮮魚センター)
HP : https://www.nfcnet.co.jp