ハナブサ醤油で庄内の発酵文化にふれてきました!

132
(写真撮影:竹谷純平)

たびきちをご覧のみなさん、こんにちは!Dream Ayaです。

この間、山形県の庄内地方を巡ってきました。

今回の記事では、庄内地方の老舗醤油店「ハナブサ醤油」さんを訪れた様子をお伝えします!

山形県庄内町にある「ハナブサ醤油」さんは、文政6(1823)年創業の老舗造り醤油・味噌屋さんです。

「ハナブサ醤油」さんでは、工場見学を受け付けていて、実際に醤油を製造している現場を見させてもらうことができます。

建物の中に入った途端に、香ばしい良い匂いが漂ってきました!

何の匂いだろう…?

私が訪れた時は、ちょうど麹に塩水を混ぜた「諸味(もろみ)」を取り扱う作業の真っ最中。建物に入ったときに漂ってきたのは、この「諸味」の香りでした。

「槽(ふね)」と呼ばれる木でできた枠に特製の風呂敷に入った「諸味」を入れ、絞る作業です。

熟成する期間は、少なくても1年半以上。ときには数年以上も熟成することもあるんだそうです!

普段、当たり前のように使っている醤油が、そんなに長い時間をかけて作られていたなんて…。驚きました!

廊下には、ハナブサ醤油の歴史を伝える写真や資料がたくさん掲げられていました。

お休み処「七軒蔵」では、休みながらハナブサ醤油さんの歴史をビデオで学ぶことができます。

七軒蔵の中には、こけしがたくさん!

こちら、社長さんが趣味で集めていらっしゃるそうです。

休み処では、ハナブサ醤油さんでつくられる醤油で仕込んだ串こんにゃくや…。

みたらし団子も!
ちなみにこちら、なんと工場見学の参加者のために1から作ってくださるんです!

トロトロの醤油タレが、モチモチの団子によく絡みます。
できたてのみたらし団子は、今までに食べたことがないほどのおいしさ!

醤油ひとつでこんなに味が変わるのかー!とびっくりしました!

味噌は醤油と製法がとても似ているので、醤油屋さんでも作られていることが多いんです。

「ハナブサ醤油」さんでは、普通の味噌の他に、辛子味噌なども作っています。

この味噌、野菜やお肉にとても合います!!

キュウリに味噌をつけていただくだけでも、びっくりするほどおいしかったです!

こちらは、「醤油の実(もろみ味噌)」を使ったおせんべい。

「醤油の実」は、普通の醤油と比べると栄養が約3倍で、塩分は少なめという、とても健康に良い食材とのこと。

お土産コーナーでは、醤油はもちろん…。

お休み処でいただいた味噌やおせんべいなどを買うことができます!

「ハナブサ醤油」さんでは、普段何気なく使っている醤油が、こんなにも手間暇かけて作られるんだ…という感動と、おいしい醤油や味噌などの発酵食品を楽しむことができました。

そして、今回ご案内していただいたお母さんをはじめ、みなさんが本当に親切にしてくださって、とても楽しい体験になりました!

みなさんもぜひ一度、訪れてみてください!

ハナブサ醤油株式会社
住所:山形県東田川郡庄内町余目字町161
TEL:0234-43-3012
http://www.hanabusa1823.com/index.htm