『笠島』を召し上がれ!/柏崎市

476

FMピッカラの船崎です。

柏崎・笠島の海の幸「サザエ・もずく・えご」漁が解禁し、海岸では海士(あま)さんの姿を見かけます。最近は男性も漁をされる事から、「海女」ではなく「海士」で(あま)さんだそうです。

この海士(あま)さんが捕った海の幸を食べられるのが、
笠島に拘るお店…【海辺のキッチン倶楽部・もく】

落ち着いた店内は、築110年の蔵を改装したもの。

この日私が頂いたのは『笠島満喫ランチ』1200円。笠島の伝承料理として…「鯛赤飯・もずく汁・味付えご・季節の魚・笠島のっぺ・ワカメの酢の物・季節の果物他」

笠島は鯛の水揚げ場が有った事から、昔から鯛料理が豊富に有りました。
残念ながら今はお店が減ってしまい、「鯛赤飯」は嘗てのお店の再現レシピとして、
〝ここでしか味わえない〟もの。

そして…海の幸は勿論ですが、『笠島』はそれだけじゃ有りません。
「山・森の恵み」とのコラボも『笠島の食』には欠かせません。

川から海へ流れ着いた「胡桃」もその一つ。雑煮の上に砕いた胡桃をまぶしたり、
「味付えご」の上に散らしたり、『笠島料理』に「胡桃」は付き物です。
また「えご」も酢味噌でなく、甘しょっぱい「味付」も…これぞ『笠島流』

見た目からも…黒羊羮みたいです。

「食」だけでなく7種類の手作りランチョンマットには、オーナー・黒崎さんの『大好き笠島』の
思いが込められ、お料理を待つのも楽しくなります。

また黒崎さんは「笠島観光ガイド」もされるので、初めて訪れる方も『笠島』を楽しめます。

海好き魚好きは勿論ですが…
店内には、坂道の写真を撮る女性、鉄道大好きの男性等、
〝穴場〟ならではの個性豊かなお客様との出会いも有ります。

営業時間は金・土・日で…
ランチは11:30~14:00
喫茶は10:00~16:00です。

TEL   0257-31-1023      先ずはお電話を。

柏崎『笠島』の魅力を満喫する「食」を【海辺のキッチン倶楽部・もく】で
どうぞお召し上がりください❗