美人林と森の学校キョロロと松之山温泉

502

十日町市の観光と言えば車で行ける美しいブナの林「美人林」。
十日町市ではブナ林が民家の裏に普通に広がっています。

ブナの林の中は、野鳥の鳴き声と枯れ葉を踏みしめる乾いた音だけが聴こえ日常とは別世界。

美人林の隣には十日町市立里山科学館越後松之山「森の学校」キョロロが建っています。
中では松之山の里山の動物や植物の研究や展示が行われています。

7月1日まではちょうど「美人林ものがたり~里山の美しきブナの森の秘密」が開催されていて
美人林の秘密がわかりますよ。美人林とキョロロどちらを先に行っても楽しめます。

キョロロの塔は高さ30m。160段の階段を上ると展望台があり眼下に広がるのは松之山の大パノラマ。ちょっと足がすくみます。7月中旬からは新しい企画展が始まります。

松之山と言えば、日本三大薬湯の松之山温泉。源泉は95度の1,200万年前の化石海水が
湧き出ています。鷹の湯は気軽に立ち寄れる日帰り温泉。

お湯の温度は通常43.5度と少し熱めですが、とにかく温まり地元の皆さんと風呂の中での
会話も楽しく心までほかほかに。

鷹の湯の隣の柳屋のラーメン(700円)。一見シンプルなラーメンですが実は凄い。
手打ちの麺は魚沼産コシヒカリの米粉と松之山温泉の源泉が錬り込んであり麺はモチモチ。
この麺に深いコクのスープが絡むと「ラーメンの基本はここにあり!」と言葉に出したくなるほどの美味しい、チャーシューは名物の湯治豚を使用。松之山温泉に行ったら食べなきゃ損!

松之山のお土産は小島屋製菓店の名菓「志んこ餅」(1個税込み80円)。
地元十日町産コシヒカリをひいた上新粉を使用し、甘過ぎないまろやかな甘みのこし餡が入って、
食べると幸せな気持になります。美人林と温泉とグルメで心も体もお腹も癒される松之山の旅でした。

・美人林  十日町市松之山松口

・森の学校キョロロ  十日町市松之山松口1712-2 入館料 大人500円、小中高生300円、小学生以下無料 火曜休館、9:00~17:00

・松之山温泉 鷹の湯 十日町市松之山湯山138-1 入浴料500円、小学生未満無料、第二、第四木曜休館、10:00~22:00(夏季)

・手打ちラーメン 柳屋 日町市松之山湯本16−3 (ラーメンの他、定食や丼もの有)第二、第四木曜休み、11:00~22:00

・小島屋製菓店 十日町市松之山新山565-1 第一、第三水曜定休、7:00~19:00