飯テロごめんなさい!佐渡の絶品グルメvol.3「頑固者のこだわりソーセージ」

340

ラーラぱど編集長の幸脇です。ラストは、佐渡土産にもおすすめしたいソーセージの専門店をご紹介。

■頑固者のこだわりソーセージ「へんじんもっこ」

”へんじんもっこ”とは佐渡の言葉で「頑固者」という意味だそう。その名通り、頑固なまでにこだわり、おいしいソーセージを作っています。ドイツで行われている国際コンテストで金賞を獲得するなど数々の賞を受賞している、世界に誇るべき佐渡の逸品です。

工場に併設された直売所ではスタッフが丁寧に商品説明をしてくれます。特におすすめの3品を購入。

いちばん人気の生サラミ「たまとろサラミ」1,296円(写真左)。このまま生で食べられます。オリーブオイルとコショウをトッピングすれば、これだけで立派なおつまみ。

「食べ応え抜群のにんにく香るソーセージ」1,000円(写真中央)。カットした瞬間、食欲そそるガーリックの香りが広がります。ビールに合わないわけがありません!

そして、へんじんもっこオリジナルの「田舎パテ」1,080円(写真右)。国際大会3年連続金賞を受賞したオリジナルレバーパテは、こってりとした味わいで、食べ応え十分。

どれもお酒がすすみそう!

■「へんじんもっこ」のソーセージが食べられるベーカリー&カフェ「SHIMAHUMI(しまふうみ)」へ

お土産用にと思ったものの、すぐにでも食べたい!と思ったときは島内のレストランやカフェでも食べることができます。今回は「SHIMAFUMI」に行ってみました。

SHIMAFUMIは、真野湾が一望できるリゾート気分満点のカフェ。自家製天然酵母のパンや素材にこだわったスイーツなど、こだわりのフードメニューが人気です。

ありました!へんじんもっこのあらびきウィンナーと自家製ザワークラウトの食事パン。しっかりしたウィンナーにザワークラウトの酸味がベストマッチ☆

テラスから佐渡の海を眺めながらのんびり過ごすのもいいですね。

イタリアンのディナーが楽しめるへんじんもっこ直営レストラン「de Vinco(デビンコ)」もおすすめ。そちらもぜひ利用してみて!

 

Information

■へんじんもっこ 大野工場・直売所

TEL:0259-22-2204

住所:新潟県佐渡市新穂大野1184-1

営業時間:9:00~17:00

休日:無休(年末年始を除く)

 

【こちらの記事もご覧ください】

佐渡牛に次ぐ幻の食材”島黒豚”が食べた~い♡

大将のおもてなしに♡ コスパ◎の町のお寿司屋さん