にゃんとも不思議!!狛犬ならぬ狛猫がある神社「南部神社」に行ってみた/長岡市

86

こんにちは。とも です。

神社のシンボル的な存在と言えば狛犬ですよね。
ところが、長岡市栃尾地区にある「南部神社」には、狛犬ならぬ狛猫があるんです。

とっても気になり、先日お邪魔してきました。

場所は森上という集落にありますが、ちょっとわかりづらいかも。
栃尾から山古志に抜ける県道24号線沿いにありますが目印になるものがないです…(;´▽`A“

しいて言うなら森上のバス停(待合室)でしょうか。

こんな感じの白い鳥居が見えたら、到着です。
鳥居をくぐった先に像らしきものが見えたので狛猫…?と思ったら狛犬でした。\(;゚∇゚)/

この狛犬も独特な顔してますね…

狛猫がある本殿はこの山の上にあります。

思いのほか傾斜があるので躊躇してしまいますが、ここまで来て帰るわけにもいかないので、とりあえず上ります。

ふひーっ!!!まだ半分もある…!!!
そして階段がなぜか少しズレてるっていう。

だらだらと登り切り、とうとう本殿に着きましたー!!

こちらが噂の「狛猫」

…あれ、でも1体だけ??
普通、狛犬は対になってますよね?

回りを見渡してみましたが、やっぱり1体だけでした。

でも、なぜ猫狛が設置されているのでしょう?

本殿の装飾がうさぎ。猫じゃないんかーい!

実は、南部神社は別名「猫又権現」と呼ばれています。猫又権現は蚕をかじるネズミ除けの神様。

かつての栃尾は養蚕に適した土地が多く、古くは栃尾紬などの絹織物の産地として発展してきました。養蚕が盛んな地ならではの、生活に根差した信仰と言えます。

なるほど、だから猫が祀られているんですね。 (・0・*)

猫狛が設置されているのは新潟県内ではここだけ。(協会調べ)
みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。

【南部神社】
場所:新潟県長岡市森上1062
問合:栃尾観光協会
電話:0258-51-1195

– おまけ –

神社の帰りに「道の駅 R290とちお」に立ち寄りました。
目的はこちら。

食堂で「油揚焼き定食」をいただきました。栃尾に来たら「あぶらげ」を食べないとね!!

トッピングはシンプルにネギのみ。醤油をかけていただきます。

ふわカリッで美味しい!!!
大根おろしとかんずりで味に変化つけられるのも◎

やっぱり栃尾あぶらげ最高--------!!!ヽ(*′▽`)ゞ

【レストランとちお/道の駅R290とちお】
時間:10時~18時
定休:12月1日・1月1日・1月2日
場所:新潟県長岡市栃尾宮沢1764
電話:0258-77-0100