糸魚川をぶらぶら 加賀の井酒造と道の駅マリンドリーム能生に行ってみた

273
快晴の日本海

快晴~!新潟県民には貴重な秋晴れの日はドライブに出かけたくなりませんか(笑)!?
今回は2016年の糸魚川大火を乗り越え復活を果たした「加賀の井酒造」と
地元の特産品が並ぶ「道の駅マリンドリーム能生」へぶらぶらしに行ってきました。

加賀の井酒造新蔵外観

加賀の井酒造は慶安3年の創業で、火災で建物のほぼ全てを焼失しましたが、現在は
新蔵で以前と変わらず、酒作りをしています。
近くに行くとどことな~く香りが(笑)
真新しい新蔵は見学通路(外)から、いつでも酒蔵見学ができちゃいます。

そして、ここでしか買うことのできない貴重な日本酒もあるんです。
ちょうど、私がお邪魔したときも別のお客さんがお買い求めに!
それがこの「感謝を込めて」。透き通るようなブルーのボトルが美しい、まろやかな日本酒です。
(数量限定なので、ぜひ飲んでみたいという方はお早めに)

純米大吟醸 感謝を込めて 2,500円(税込)

そして、次に訪れたのはカニの楽園「道の駅マリンドリーム能生」
いや~、ここも天気が良くて清々しい!
平日にも関わらず、お客様で賑やかです。
 
 
道の駅の隣にある漁港で行われる昼セリを見学したり、かにや横丁で購入した
新鮮なベニズワイガニを堪能したりとお楽しみがいっぱいですが、
私が今回おすすめしたいのはお土産としてぴったり「最後の一滴」です。
 

100ml 800円、200ml 1,200円

糸魚川の美味しいものが集まった売店に並ぶこちらは新潟県立海洋高等学校の生物資源研究部が
2013年に開発した魚醤。
産卵のために遡上してきた鮭は生臭さの原因となる脂が落ち、魚醤に最適な原料となるそうで、
商品名の「最後の一滴」も糸魚川で最期を迎える鮭を大切に使いたい!という思いと、
料理の最後 に使用すると美味しい!という意味が込められているそうです。

ちなみに私が購入したのは写真右奥に見える「甘えび醤油」。
料理にえびを加えなくてもえびの香りを感じることができるので、
えび好きの私にはもってこいの商品です。
チャーハンや八宝菜などの炒め物を作るときに使うと高級感が( ´艸`)

お土産もの売り場の目の前にある同じく高校生が開発した「コンブアイス」を
食べながら、海を眺めに行ってみてはいかがでしょうか。

【加賀の井酒造】
住所:新潟県糸魚川市大町2-3-5 ℡025-552-0047
営業:10時~17時
休日:年末年始、他臨時休業あり
http://www.kaganoi.co.jp/

【道の駅マリンドリーム能生】
住所:新潟県糸魚川市能生小泊3596-2 ℡025-566-3456
営業:施設によって異なる
http://www.marine-dream.net/