十日町で見つける美人林のハートと満腹!農家レストラン

689
ハート形のブナの幹💛

梅雨入りした新潟県ですが、雨が降っても楽しめるところはいっぱいです。
今回は十日町に行ってきました!
ここ、”そばの郷 Abuzaka”は水田の中に建つ、おしゃれな外観が特徴の農家レストラン。

そばの郷Abuzaka


店内に入ると平日にも関わらず、ランチの時間帯は大賑わい。
 
テーブル席や小上がりなどもあるので、家族や友人とゆっくりと食事が楽しめます。

ランチメニューは”ごったく”というこの十日町地域のお祝い事、仏事などお客様が集まる席でのおもてなし料理がメインで、そばかうどんを選び、1階にある総菜をビュッフェ形式で好きなものを好きなだけ取り分けて食べます。
  
どれもこれもみんなおいしいのですが、個人的には新じゃがの煮っころがしと甘酒のタピオカが絶妙!甘辛いタレが新じゃがによく合うので、ついつい食べ過ぎてメインのお蕎麦が食べられなくなるくらいです(笑)。
甘酒も甘さ控えめで麹とタピオカがたっぷりでデザートにぴったりです。
その他にも身欠きにしんの煮つけや抹茶塩で食べる天ぷら、きのこ汁など郷土料理が存分に楽しめます。
 
ちなみに店舗内には雑貨やかんずりなどの地元の特産品も販売しているので、お持ち帰りもできます。

そして、続いてはーー!
みなさんもご存じ”美人林”です。
 
松口の丘陵に樹齢約50年~100年ほどのブナの木が生い茂り、その立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになった場所です。
ブナ林に初めて訪れましたが、杉林のような鬱蒼とした暗いイメージではなく、ブナの落葉が他の植物の生育を妨げるため、木々の間は明るく散策しやすいです。

美人林は天気がよく木漏れ日の中を歩くのも清々しいですが、雨の時期に訪れたい場所としても有名なんです。
理由は雨に濡れた幹や地面の落ちた落ち葉のコントラストがより際立って見えるため、美人林の美しさをより一層感じることができるそうなんです。
これからの時期は新緑、そして紅葉、雪景色など四季を通して楽しめる素敵な場所です。

地元のお母さん方が店頭に立ち、農産物や手作り雑貨の販売もあります

最後に。
根元がハート型になっているブナを見つけました。※冒頭の画像
どうですか?見えませんか(笑)?
散策路沿いにあるので、ぜひ、現地に行って探してみてください。

【そばの郷 Abuzaka】
住所:新潟県十日町市南鐙坂2132
電話:025-755-523
営業時間:ランチタイム 11:00 ~ 15:00
     カフェタイム 11:00 ~ 17:00(16:30 L.O)
定休日:木曜
http://abuzaka.com/

【美人林】
住所:新潟県十日町市松之山松口1712-2付近
駐車場:30台
    ※冬期間は「森の学校」キョロロの駐車場をご利用ください(無料・予約不要)
http://www.tokamachishikankou.jp/bijinbayashi/