粟島の旅!わっぱ煮初体験!/粟島浦村

165

こんにちは! 山田彩乃です^^*

今回は遥さん、かぼの3人女子旅!!
粟島に行ってきました。(*´ェ`*)♪

さあ、ここで何をするかと言うと、、、

粟島名物わっぱ煮を作ります~~~!(*´∀`*)★

わっぱ煮は昔から漁師さんたちに親しまれている漁師めし(*´∀`)

漁師さんたちは出かける前に
ご飯とお味噌を丸い器にいれてお弁当として持って行きます。

漁からもどってきて、採れた新鮮な魚を持ってきたお弁当に入れて
お湯を入れてアツアツに熱した石で調理したものが
わっぱ煮の発祥です(*´∀`*)

ちなみに、入れ物のことを、「わっぱ」と言います♪

まずは火を起こして、、、

魚を焼いていきます!
カワハギなどの魚を2種類以上使うのがわっぱ煮の基本だそう!

魚を串にさして焼いていきます^^

直火ではなく、ちょっとはなして
じわじわゆっくり焼くことでふんわりした身と香ばしい香り、
そして美味しい出汁が出るようになるのです(^q^)❤

魚はじっくり30分以上焼くので
その間に竹細工を~~~~~!!!!!

竹を使ったコップと箸を作りました\(^o^)/

竹を縦に割って、食べやすい形にけずっていきます^^

カッターで鉛筆を削るように少しずつ細く使いやすい細さにし
最後にヤスリをかけたら完成~~~!!!!

竹でお箸とコップを作っている間に
魚もいいかんじに焼けてきました\(^o^)/

お魚はわっぱにいれ、
お味噌を入れてお湯をいれて準備完了!

ここからがポイント!!!

わっぱ”煮”なので
お味噌汁ではなく、煮るんです!!!

そこで登場するのが玄武岩!!!

こちらも海岸にある熱に強い玄武岩をつかって
更に熱していきます^^

焚き火の中からあつあつに熱した石を取り出して
灰を落としてから「わっぱ」に入れると
すごい勢いでグツグツ沸騰します\(^o^)/

この沸騰で更に火を通してわっぱ煮の完成!!

わっぱ煮は粟島の郷土料理で、
お魚を2種類以上使うというのがスタンダードであるそうですが
味や使う魚は、お家や季節に寄ってさまざま!!!

味噌も自家製の大豆をつかった手作りなので
それぞれ味が違うのだとか♪

豪快な漁師めし、たっぷり堪能させていただきました(*´∀`*)

ふぅ~~~♪
食べた食べた~~~~★

みなさんもぜひ体験してみてくださいね。

【わっぱ煮作り体験】
時間:9:00~15:00(最終開催13:30)
料金:おひとり2,000円
場所:新潟県岩船郡粟島浦村字日ノ見山1491-8
問合:あわしま自然体験学校
電話:070-1044-0777