期間限定イベントもたくさん。上越市立水族博物館「うみがたり」に行ってきました!/上越市

188

こんにちは。芳美リンです。

今回私は、新潟県の「上越市立水族博物館うみがたり」さんにお邪魔してきました!

「うみがたり」は、2018年にグランドオープンした水族館で、上越市と水族館の間にある80年もの歴史を語り継ぎ、未来へ向けた新しい「ものがたり」を生みだしていく水族館をイメージして名付けられたそうです。

こちらは「日本海テラス」。

水面のすぐ下が、館内一大きい水槽「うみがたり大水槽」。目の前に広がる日本海をイメージしたつくりになっているそう。

マリンスポーツが大好きな私。

もちろん、海も大好きです!
どんな生き物たちと出会えるのかな?とても楽しみです♪

大水槽は、どこから見てもとにかく綺麗!
見る場所や角度を変えて、何度も楽しんじゃいました。

期間限定の様々な企画展も開催されています。
今回開催されていたのは「おとがたり」という展示。

なんと、水中の音を聞くことができるんです!

音って、地上だけではなく、実は水中でも響いているんです。
そのほとんどは、水中にいないと聞くことができないのだとか。

生き物たちが水中で発している音を聴くことができるという、とっても貴重な機会なんです。
普段は聞いたことのない、不思議な音ばかり!楽しかった〜♪

続いては、「うみがたり」で絶対に体験したいイベントのひとつ「ART OF DOLPHIN」へ!
冬季限定で開催されていた、水中ドルフィンパフォーマンスです。連日大人気のイベントなんです。
※現在は通常のドルフィンパフォーマンスです。

イルカとトレーナーさんが、大水槽の中で音楽に合わせてアクロバティックなパフォーマンスを見せてくれました!

トレーナーさんの動きに合わせて、水中を動き回るイルカたちの姿は、とても優雅でした♪

実際に水槽の前でイルカたちとコミュニケーションを取れる「コミュニケーションタイム」もありました。

イルカは、とっても賢い動物で、手のジェスチャーでコミュニケーションをとることができるんです。ハンドサインの通りにイルカが動いてくれたり、驚きの連続でした。

イカやタコが沢山いる「いか・たこベース」も面白かったです。
これだけたくさんのイカが泳いでいる姿を水族館で見るのは、初めてかも!

…と思っていたら、それもそのはず。
アオリイカの人工飼育は難しいのだそうです。

最後は、2階にある「マゼランペンギンミュージアム」へ。
岩場のようなフィールドですが、これは、マゼランペンギンの一大生息地である、アルゼンチンのプンタ・トンボを再現しているのだそうです。

ここでは、ペンギンたちを間近で見ることができるんです。

仕切りがなく、ウォークスルーになっているので、目の前をペンギンたちが歩いてくれたりするんです。

エリアに入ると、ちょうどペンギンたちがこちらへ向けて行進をはじめました!かわいいなあ♪

そして!なんと私のすぐ隣で止まってくれちゃいました!
絶好の機会なので、もちろん写真をたくさん撮っちゃいましたよ〜!笑

珍しい海の生き物たちとふれ合える「上越市立水族博物館うみがたり」。
季節によって異なるイベントをやっていたりするので、いつ訪れても楽しいと思います。
みなさんもぜひ一度、出かけてみてください♪

【上越市立水族博物館 うみがたり】
住所:新潟県上越市五智2-15-15
時間:春期(3/1~3/31)平 日:10:00~17:00 土日祝:9:00~18:00
料金:大人(18歳以上)1,800円、高校生1,100円、小・中学生900円
   幼児(4歳以上)500円、シニア(65歳以上)1,500円
電話:025-543-2449
HP:http://www.umigatari.jp/joetsu/