家庭によって千差万別!!越後天神さま街道で天神様を拝もう!/柏崎市・刈羽村

1274

FMピッカラの船崎です。

『天神さま』といえば「学問の神様」でお馴染みの“菅原道真公”。
受験シーズンを迎え、この『天神さま』に願掛けの方も多いでしょう。

柏崎では、昔からお正月に「天神さま」を飾る風習があります。

暮れの大掃除を済ませると、家の主人が天神さまを飾り、新年を迎えました。
天神さまをお正月に飾る文化は、江戸時代の「北前船」と密接な関係があり、日本海側の寄港地であった柏崎や輪島、氷見などでも見られる習わしと言われています。

今年は1月5日から1月25日まで、柏崎市と刈羽村の37会場にて、天神さまが見学できます。

但しこの『天神さま』、柏崎・刈羽地域では…   一般的な「学問の神様」ではありません❗

柏崎市内の商家などでは、暮れの大晦日までに、床の間などに『天神さま』を飾り、「年神さま」として年を越し、初天神の1月25日に片付ける風習が有ります。


こうした『天神さま』は、木造や焼き物の座像や掛け軸、飾り付けなど、二つとして同じものはなく、その家の歴史を窺わせます。
因みに…こうした正月に飾る文化は、日本海側の「北前船」の寄港地に見られ、柏崎地方も深い関わりが窺えます。

「北前船」の賑わいにあやかり、冬空を楽しもう❗と行われています。

各会場の『天神さま』 の違いを見つけたり、各家々の歴史を訊ねるもよし。特に個人宅を解放される方は、お客様との会話を楽しみに参加されています☺️

「学問の神様」だけじゃない…縁起のいい『天神さま』をお参りして、冬を楽しんで下さい‼️

会場は、紫色の幟旗が目印です。

詳細は☎️0257-22-3624  三忠呉服店まで。