三条・新発田を歩き、美食に唸る~新発田藩下屋敷清水園・足軽長屋編~

138
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちわ、関屋です。
新発田藩の城下町として栄えた新発田は今も歴史的建造物や区割りなど、往時を偲ばせる佇まいがあります。「新発田藩下屋敷清水園・足軽長屋」と「市島酒造」、和菓子店の「菊谷」を訪ねました。

新発田藩主三代・溝口宣直の時代に10万石となった新発田藩。寛文6年(1666)に棟上げされたのが下屋敷である清水園です。庭園は近江八景を取り入れた池泉回遊式庭園で、4か所の茶室も設え、四季折々の美しさをみせます。またこの庭は苔の美しさでも知られ、苔ガールなら胸キュン!ぜひ7月頃に再訪してみたいと思いました。清水園の向かいには足軽長屋があり、国重要文化財に指定。一戸の間取りは今でいう1K。なかなかコンパクトです。

新潟県新発田市大栄町7-9-32 
開園時間:9:00~17:00
℡0254-22-2659