激レア!イチョウの葉になるギンナンを求めて蛭野地区へ/五泉市

131

こんにちは。とも です。

みなさんオハツキイチョウをご存じですか?

オハツキイチョウとは、イチョウの変種。

普通のイチョウは枝に実をつけますが、
オハツキイチョウはイチョウの葉っぱに実がなります。

そんな激レアなギンナンを五泉市で見ることができるんです。

その名も「上郷屋のオハツキイチョウ」。
ちなみに、県天然記念物に指定されています。

イチョウの色づきが始まったそうなので先日お邪魔してきました。

五泉市蛭野地区はイチョウの紅葉名所でも有名ですので
せっかくなのでイチョウの名所も見て回ることに。

効率良く回るルートは以下の通り。
名づけて黄金ルート!ヾ(゚∀゚)ノ

上郷屋のオハツキイチョウ → 切畑の乳銀杏 → 黄金の里

 まずは安田ICからほど近くにある
上郷屋のオハツキイチョウに向かいます。

行き方は、安田ICを降りて五泉方面へ向かいます。
41号線から315号線へ左折すると、道沿いに看板があるので右折。

すると、諏訪神社が見えてきます。

オハツキイチョウはこの神社の境内にあります。

で、でけぇ… ポカ───( ゚д゚ )───ン

大きさは目通り7.5m、高さ20m、枝張り南北18m、東西19mもあり
推定樹齢は500年以上とのこと。

黄葉は色づき始めといったところでしょうか。

オハツキイチョウは老木でありながら、樹勢は盛ん。
かなりの量の銀杏が落ちています。

そのせいか、周辺はいい感じに匂ってマス…。 (;´▽`A“

さあ~てと、
アレを探しますか。

o(・_・= ・_・)o

銀杏を踏まないよう注意しながら、オハツキイチョウを探します。

探すこと数分…。

あった—————————-!!!

※すべての葉がそうなる訳ではありません。一部の葉っぱに実がなります。

ちょっと諦めかけていた矢先だったので、
見つかってラッキー☆

続いて、切畑の乳銀杏に向かいます。

315号線から290号線を右折、その後、みやけ食品を左折。
この看板が見えたら右折。

奥に進むと公園に出るので、ここの駐車場に車を止めます。
乳銀杏は、公園の向かいにあります。

この木もデカイー!!

それもそのはず。高さ40m、幹まわり12mもあるんですって。
幹の回りから数十本の乳柱が垂れ下がっていることから「乳銀杏」と呼ばれているそうです。

不思議ですよね~!
なんで垂れるんだろう。

ちなみに、黄葉は全く色づいていません。

場所によって全然違うんですね~。
薄暗い場所だからかな?

続いて、黄金の里に向かいます。
行き方は、290号線へ戻り村松方面へ。571号線を左折して道なりに進みます。

黄金の里 銀杏マップによると。
至るところにイチョウの木があるので、道路沿いから黄葉を眺めることができるようです。

おおおーーーーー!!
色づいてます!!

緑と黄色のグラデーションもまたいい感じ。

ちなみに現在は見ごろになっていい感じだそうです。
ぜひ足を運んでみてくださいね。

【上郷屋のオハツキイチョウ】
場所:五泉市論瀬字上郷屋3900

【切畑の乳銀杏】
場所:五泉市切畑字前田18

【黄金の里】
場所:五泉市蛭野
問合:五泉市観光協会 まちの駅観光案内所
電話:0250-47-8388