たらい舟体験

75

こんにちは、EXILE ÜSAです。
今回の旅では、佐渡ではお馴染みの「たらい舟」にも乗ってきました。

体験した場所は、港から車で少し行ったところにある「矢島体験交流館」。
矢島(やじま)と経島(きょうじま)という2つの島がある入江です。

たらい舟は銀河芸術祭の作品にも使われていましたが、元々は漁業用に使われていた舟。

実際に今でもたらい舟を使って漁をすることもあるようですが、
中にはエンジンが付いたたらい舟もあるそうです笑
どんな感じなのか凄く気になります!

ここのたらい舟は、真ん中の底がガラス張りになっていて海中を見ることもできます。

「昨日は天気が悪かったから海が濁っているんですよ」と船頭さんが言っていましたが、
それでも普通に泳いでいる魚が見えるくらいの透明度がありました。

綺麗な空と島と海と、気持ちいい潮風を感じられて最高でした。

ただこの日はいつも以上に潮の流れが速く、
ベテランの船頭さんも操縦に苦労していたので、
このまま流されてしまうんじゃないかと少し怖かったです笑

それでもオール1本で器用に進む方向を変える技術は凄いなと思いました。

矢島体験交流館では、
たらい舟以外にも磯釣りやイカの一夜干しなどの体験ができるそうなので、
ぜひ行ってみて下さい♪

たらい舟体験(矢島体験交流館)
住所:佐渡市小木365-1
営業時間:8:00~17:00
定休日:10/21、11月~3月
料金:大人 500円、子供 300円
電話番号:0259-86-2992