あてま高原リゾートに「アルプスアドベンチャー」誕生!

496
アルプスアドベンチャー

新潟県十日町市の当間山(あてまやま)山麓、東京ドーム109個分という広大な敷地を誇る東日本最大級のリゾートホテルが「あてま高原リゾートホテルベルナティオ」。緑あふれる森と湖を利用して、フランス生まれの「アルプスアドベンチャー」が東日本初となる上陸。2018年7月14日(パリ祭!)に、営業開始です。

フランス生まれのアドベンチャーと森のプロの技術がコラボ!

アルプスアドベンチャー
ポポラの荒川館長。右手に持つのがコネクター、左手がハーネス
アルプスアドベンチャー
コースの最初から最後まで、身を守ってくれる(転落防止)コネクター

あてま高原リゾートのスラリと伸びた針葉樹を利用して、幹の中間部分を木から木へと渡された桟道や、吊橋。
スリル満点のアドベンチャーコースが、「アルプスアドベンチャー」です。

身長120cm以上で、「クリアするぞ!」という気概があれば誰でも参加できますが、ファミリーに、おすすめなんだとか。
ロッククライミングや、レスキュー隊なども使うハーネスを身に着け、ヘルメットをかぶり、さらに2.5tもの重さに耐えるというコネクタを使って、安全を確保します。

「アルプスアドベンチャー」を主催する「あてま森と水辺の教室ポポラ」の荒川茂樹館長によれば、
「これまでの同様のアドベンチャーではポイントごとに、このコネクタを付けたり外したりが必要でした。今回のフランス、PRISUM(プリズム)社製のアルプスアドベンチャーは、一度もコネクタを外すことなく、コースを終えることができるんで、安心で安全」
と胸を張ります。

「しかもスタッフは、地元の林業関係者。十日町界隈は実は林業も盛んで、木登りや、ハーネスなどの扱いに熟知した若手がスタッフとなっているので、のびのびと楽しんでいただくことができるんです」(荒川さん)。

フランス生まれのアドベンチャーと、十日町の若手林業関係者のコラボとは、ちょっと意外。
しかし、これを聞けば、(安全、安心が確認できたので)がぜん、チャレンジする気持ちにもなります。

オープンを1週間後に控えた取材当日は、フランスのスタッフから、緊急時のレスキューを講習中。
テキパキと動く身のこなしは、さすがは森のプロという感じでした。

アルプスアドベンチャー
いざというときに備えて、レスキュー訓練で、備えも万全

「日本海を渡って佐渡へ!」がイメージの湖上ジップライン

アルプスアドベンチャー
「対岸が佐渡です」(荒川さん)という日本海を渡るジップライン

さてさて、このあてま高原に新オープンのアルプスアドベンチャーの売りの一つが、湖を渡るジップライン。
「湖じゃないんです! あれは日本海なんです。日本海を渡るジップライン!」とキッパリ断言するのは荒川さん。
「手前が新潟港、向こうが佐渡。日本海を渡ることをイメージしているんです」とのこと。

あくまで、イメージですが、地図にもちゃんと「Sea of Japan〜日本海〜」と記されています。

しかも、この「日本海」(あくまでイメージです)を渡るジップラインにも、仕掛けが。
「実は、片方のコウノトリラインは、海面(くどいようですがあくまでイメージです)スレスレ。もう一方は高いところを渡って高度感満点! 往復でスレスレ、ハラハラの2通りが楽しめるんです」(荒川さん)

そんな「アルプスアドベンチャー」ですが、2018年7月14日にオープンするのは、初級コース、中級コースと「海を渡る」ジップライン。
2019年には上級コースがオープンする予定とのこと。

7月20日までなら、オープン記念料金でかなり割引になっていますし、さらに年内(11月まで)も割引料金で楽しめるとのこと。
「お試し期間中に中級までクリアすれば、来年は上級にチャレンジができます」。
こんなポポラ荒川館長の挑戦を、受けて立とうという人は、「あてま森と水辺の教室ポポラ」に予約を。

ちなみに「あてま高原リゾートホテルベルナティオ」に泊まれば、宿泊者割引でさらに安くなる料金設定に。
フランス生まれというだけあって、「子供の自立心を養うには最高のアトラクション」(荒川さん)ということなので、夏休みにぜひ、ファミリーで挑戦を!
東京・横浜、新潟などから直行バスも運転されています(詳しくは「あてま高原リゾートホテルベルナティオ」HPを参照)。

アルプスアドベンチャー
慣れればスイスイと、空中散歩(のはずです)
アルプスアドベンチャー
「皆様のチャレンジをお待ちしています!」という森のプロたち

(取材・たけだゆきえ、撮影・大石正英、編集・酒井正人 by ニッポン旅マガジン

取材協力/あてま高原リゾートホテルベルナティオあてま森と水辺の教室ポポラ