電車好きな子どもが大はしゃぎ!新津鉄道資料館へ行ってみた。/新潟市

555

こんにちは。とも です。

鉄道の発展とともに大きくなった「鉄道のまち・新津」。
新津には日本海側の鉄道網の要として多くの施設があり、最盛期には新津で勤める「4人に1人は鉄道関係者」だったそう。

そこにあるのが、鉄道のあらゆる分野を網羅した資料館「新津鉄道資料館」。
子どもから大人まで楽しめるのファミリーに人気の施設です。

しかも、室内なので雨の日でも安心!
私も雨の日にお邪魔してきましたが十分に楽しめました。 (*^ー゚)b

場所は磐越自動車道「新津IC」のすぐそば。
新津第五中学校のお隣にあります。

電車の場合は、新津駅からバスで5分ほど。
無料のレンタサイクルもあります。

さっそくチケットを買うと…

!!!!!!

それぞれ違うデザインの切符が出てきました。
凝ってますね!

そのチケットを入口で渡すと、鋏でパチン!

スタッフさんが “鋏こん” をつけてくれます。

懐かしいなぁ…
昔、駅員さんがこんな感じに切符をカットしてくれてましたよね。

「天井に順路が書かれていますので」とスタッフさん。

言われた通り天井に目をやると、まるでホームのような案内図が描かれていまいした。

これってもしかして…
駅の疑似体験!?

とっても素敵な演出ですね!!(=´▽`=)

鉄道資料館は7つのゾーンに分かれています。
せっかくなので順番に回ることに。

資料館の中には昔懐かしいものが、たくさん展示されていました。
昔の券売機。なんとなく記憶にあるような…。

マネキンの駅員さん、運転士さん、車掌さんがすごくリアルでびっくり!
実在のモデルさんがいるのかな?

電車の部品もたくさん展示されていました。
新幹線の先っぽだけ、とか。

こうしてみると以外に大きいんですね。

新津鉄道資料館の場所は、もともと新潟鉄道学園の跡地。
鉄道学園では鉄道員教育が行われていたそうです。

その教材の一部がこちら。

パンタグラフの仕組みが学べる装置です。

パンタグラフとは電車の上についている菱型の形をしたもの。
鉄道車両に用いられる集電装置です。

実際に自分でパンタグラフの昇降操作をすることもできます。

また、鉄道シミュレータもあります。

201系電車の運転を疑似体験できるというもの。
こちらは子ども達に大人気でした!!

そして、今度は野外展示へ…。

野外展示されているのは、200系新幹線K47編成先頭車両とC57形蒸気機関車19号機。

こちらの新幹線、スカートがほかの新幹線と違うのがわかりますでしょうか?

くるんと返しになっているスノープラウとよばれる雪かき装置がついているんです。
その他に、床下の機器をなるべく露出させない構造になっているなど、雪が多く積もる地域を走るための技術が採用されています。

見て、体験できる「新津鉄道資料館」。
お子様と一緒に訪れてはいかがでしょうか。
ぜひ足を運んでみてくださいね。

【新津鉄道資料館】
場所:新潟県新潟市秋葉区新津東町2-5-6
営業:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
定休:火曜日、年末年始(12月28日~1月3日)
料金:大人300円 高大生200円 小中学生100円
問合:新津鉄道資料館
電話:0250-24-5700