新潟で絶景の工場夜景を見に行こう!/新潟市

2400

産業観光が「新しい観光」として大きく注目を浴びる中、工場の夜景を鑑賞することが全国的なブームとなって早数年。場所によってはツアー化されて多くの人が訪れる人気の旅行スポットになっています。実はその“工場夜景”を鑑賞することが出来る場所が新潟市内にもあるんです。それが通船川沿いにある「旭カーボン」さんです。

★この昼間の風景も工場好きの私にとってはいい雰囲気なんです。

通船川付近は、昭和30年代には県内屈指の工場集積地だったそうです。一時は、水辺環境が悪化した時期もあったようですが、企業と地域が連携して環境保全に取り組み、現在では産業と自然が調和した夜景の名所として注目されているんですよ。ちなみに!この通船川は江戸時代中頃までは阿賀野川の河道だったんです。そんな歴史が記されている看板も現地には設置されています。

★新潟大山郵便局の脇道を入った「新潟市大山ポンプ場」そばに設置された看板。ここから見る夜景がベストショットです!

そして、実際の夜景がこちら!!

稼働している工場だからこその美しさがありますよね。工場夜景ファンの方に夜景にベストな時間を聞きましたが、“まだ夕方と夜が入り交じり日が暮れかけたタイミング”もいいですし、もちろん日が沈み“暗闇に浮きたつ工場夜景”も素晴らしいとのことです。見る人によってその印象も変わってきますね。ちなみに上の写真はプロの方の撮影ですが下の写真は私が撮影したものです(スマホにて)。

★夕方の暮れはじめに撮影。まだちょっと明るいですがいい雰囲気です。

★すっかり夜な雰囲気。水面に映るキラキラも綺麗です。

旭カーボンは、「安全はすべてに優先する」の観点から、24時間365日の点検を欠かさず、夜間の点検作業では従業員の安全確保のためにライトを点灯。この安全を守る姿勢が、工場夜景というカタチで注目されるようになったということです。新潟観光の際には是非足を運んでみてください。県内には他にも工場夜景スポットがあるので、それはまた後日の紹介で!

場所:新潟市東区鴎島町2
※工場内には立ち入れません。
時期:通年