魅力がいっぱい!!佐渡へ行ったら絶対行くべきスポットをご紹介☆

934
selfp

佐渡には魅力がいっぱい!!

オススメスポットをご紹介します♪

◎ユニークなアイディア!海外でも人気の「北雪酒造」

明治5年(1872年)創業の以来、人々に愛されるお酒は安心・安全でなければならないという信念のもと、佐渡の米・水・風土・人にこだわった酒造りを大切にしている「北雪酒造」。

伝統と熟練の技を受け継ぐ一方で、搾りに遠心分離機を取り入れたり、24時間休むことなく音を聞かせた“音楽酒”や、“超音波熟成酒”など、ユニークな取り組みも!

▲笑顔が素敵な羽豆大専務

店内では様々な種類のお酒を試飲することができます。飲み比べることで味の違いが更に分かりやすい!

ぜひ自分のお気に入りのお酒を見つけてみて♪お土産にも◎

▲可愛い狸ラベルの甘酒。税込540円

ノンアルコールの甘酒もオススメ!!

びっくりするくらいサラサラしていて、クリーミーなのにすっきりとした甘さ。癖になります♪

 

 

◎ノスタルジックな街並み!江戸時代へタイムスリップしたみたい~

江戸時代、回船業の集落として発達した街並みがそのまま残っている「宿根木」

狭い敷地に民家が密集し、まるで迷路のよう。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

海側から集落への入り口は、竹でできた風垣(かぜがき)が集落を守っています。

▲旧宿根木郵便局の局舎。緑の壁がかわいい。

1921年(大正10年)に建てられた、旧宿根木郵便局の局舎は宿根木の集落の中では珍しい洋風建築。緑色の外観がひときわ鮮やかなのですが、不思議と宿根木の雰囲気にぴったり♪

細い小路を歩いていると、外見が似てる建物が多いので、「あれ?さっきここ通ったかな?」とまるで迷路のよう。

江戸時代へタイムスリップしたかのような雰囲気を味わうことができます。

 

◎隠れたフォトスポット!夕日も綺麗に見える「大間港」

明治25年に築かれた、佐渡鉱山の鉱石や資材の搬出入を目的に造られた人工の港。

トロッコに乗せた鉱石を小船に降ろすために使われた「トラス橋」や、貨物を運ぶクレーンやトロッコが通る為の「ローダー橋」などが今も残っています。

海をきれいに見渡すことができて、潮風がとっても気持ちいいです♪

夕日もとっても綺麗に見ることができる、オススメのフォトスポット!!

 

食べ物も景色もステキな佐渡。

まだまだ魅力的な場所がいっぱいあるので、ぜひ実際に行ってたくさん魅力を感じて♪♪