室内でいつでも楽しめる県立自然科学館へ行ってみた②/新潟市

809

天気を気にせず楽しめる施設へ遊びに行ってみようシリーーズ(笑)
今回は新潟市女池にある「新潟県立自然科学館」へ行ってきました。
超大作のためこれが2作目です。


では、2階を見てみましょう。
エスカレーターを上がって、右手にある「自然の科学」の見どころは2つ。
 

本物の隕石に触れることができちゃうんです。
こんなに大きな隕石に触れる施設はないそうなので、早速スタッフも…
 
まぁ、持ちあがらないですよね。
意外と重く116キロもあります。石というより金属ですね。
売ったら高いのかなぁと考えてしまったり(笑)

 
もう一つが親子恐竜マイアサウラ劇場です。
子育てをしていたマイアサウラの親子の冒険を13分ほど上映しています。
平日と祝日とスケジュールが変わるのでご注意くださいね。


そして、隣にある新潟県の動植物の生態も何だか刺さる…
カニってこんなに種類いたのね。
いつも無言でむさぼりついていたので、気にもとめなかったけど。
 
改めて新潟の自然や気候を知るにはとてもよかったです。

続いては「生活の科学」。

何気なく生活している私たちの周りにある化学反応やエネルギーを
科学技術のしくみや原理を体験して学ぶことができます。
そして、新潟県内の優れたものづくりの技術を活かした製品に焦点をあてた展示コーナーも
あるんです。

この疲れた日々を癒してくれるロボットの”パロ”
ふわふわの柔らかい触り心地と呼びかけに反応してくれる健気な姿勢がたまりません。
よしよーーし

 
 
映像に合わせて動き回るハイビジョンシアターや蒸気機関車、ジェット機のエンジン
自動車の仕組みなど大型展示物もいっぱいです。

最後は「不思議な広場」

部屋いっぱいにけん玉や目の錯覚を利用した体験ができる場所になっています。
この日は空いていたので、いろんなものを挑戦してみましたが、気になったものをいくつか(笑)


子どもはすぐにつかめるのに大人は取れない”コンデックス”
ただ、持ち上げるだけなのに滑る滑る、つかめない。
大人はイライラするかも(笑)
きっとコツがあるはず!

 
弓で鉄板をこすると砂が模様を描く体験から空中散歩まで。
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね。

次回は最後です!

【新潟県立自然科学館】
住所:新潟市中央区女池南3丁目1番1号
電話:(025)283-3331
http://www.sciencemuseum.jp/