よしかわ杜氏の郷、米本陣を巡ってきました!/上越市

129

こんにちは。
新潟県観光協会スタッフです。

先日、上越市の酒造りの名所である酒蔵「よしかわ杜氏の郷」と上越市市三和区の里山に建つネイチャーリングホテル「米本陣」を巡ってきました。

最初に訪れたのは酒蔵「よしかわ杜氏の郷」。
こちらの施設では日本酒の製造ラインを見学できるとともに、日本酒の試飲や販売も行っているとのこと。

実際にどんな施設なのか見に行ってきました。

よしかわ杜氏の郷は、北陸自動車道柿崎インターチェンジを降りて車で10分程走ったところにある
「道の駅 よしかわ杜氏の郷」の敷地内にあります。

道沿いを車で走っていると、こんな看板が見えてきます。

施設の外観はこんな感じです。観光酒蔵の見学は無料のようです。

施設の中に入ると、よしかわ杜氏の郷で作られている「天恵楽」や「よしかわ杜氏」といった日本酒だけでなく、さるなし(こくわ)から作ったお酒「純米さるなし酒」といった果実酒など、様々なお酒が陳列・販売されている光景が目に入りました。

いろいろ飲んでみたいなぁ。

施設の一角にはジェラートコーナーもあり、こちらの施設で手作りされているというジェラートをいただけます。
ドライバーや子供など、お酒を飲めない方であっても楽しめそうですね。

それではそろそろ目的の一つである日本酒の製造ラインを見てみましょう。
(ちなみに、こちらの施設では施設内からガラス越しに日本酒の製造ラインを見ることができます。)

あれ?誰もいませんねぇ。

なんと、ここで衝撃の事実が判明。

施設のスタッフの方によれば、9月上旬はまだ酒造りの時期ではないとのこと。
酒造りは10月下旬頃から始まるそうです。

うーん、残念。

「よしかわ杜氏の郷」では日本酒の試飲販売を行っています。

早速、こちらの酒蔵で作られた日本酒「天恵楽」を試飲させていただきました。
味はスッキリとしていて飲みやすく、おいしいお酒でした。

また、さるなし(こくわ)から作られた果実酒「純米さるなし酒」も試飲させていただきました。
こちらは果実酒のため甘くて飲みやすく、また、健康にも良さそうな味がしました。

訪れた際はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

販売コーナーでは日本酒関連のお土産も販売されています。今回の発見はこの金平糖。

この金平糖は、よしかわ杜氏の郷で作られる日本酒「有りがたし」の酒粕とたっぷりのお酒で作られているそうです。

1つ食べてみましたが、口に含んだ瞬間、日本酒の芳醇な香りが口の中いっぱいに膨らみます。
日本酒好きの方にはもってこいのお土産かもしれません。

秋の観光シーズンに一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【よしかわ杜氏の郷】
場所:上越市吉川区杜氏の郷1番地
営業:9:00~17:00
定休:月曜日(月曜日が祝祭日の週は火曜休)
電話:025-548-2331

続いて、お邪魔したのはネイチャーリングホテル「米本陣」。

周囲を森に囲まれたまさにネイチャーといった感じのロケーションに建っています。

本館10室、別館ログハウス3棟を擁する「米本陣」では、
地元、上越産コシヒカリが美味しいと大評判とのこと。

また、自然や夜景の美しい展望風呂も大人気とのことでした。(日帰り入浴もできるそうです。)

「米本陣」の正面玄関を見たところ。四季折々の自然を存分に満喫するにはうってつけの環境だと思います。

本館棟も木の温もりを感じる作りになっています。
日々の喧騒を忘れ、自然の中でのんびりリラックスしたいとご希望の方にピッタリのお宿です。

こちらは別館のログハウス棟。カナダ直輸入のレッドシダーをふんだんに使ってあるそうです。

お問い合わせは、ネイチャーリングホテル「米本陣」
電話:025-532-4115まで。