新潟なんていかがでしょうか?~知る人ぞ知る、『公楽園』で懐かしの自販機に出会う~

168

こんにちわ、ライターのナカノです。

1976年創業の『公楽園』は、1泊2800円と格安で宿泊できる素泊まり宿。
喫茶やゲームコーナーも兼ね揃えたドライブインとして営業しています。

長距離トラックドライバーをはじめ、ドライバーにとって安く快適に過ごせる場所。

公楽園があるのは新潟市と柏崎市を結ぶ国道116号線沿い。
周囲には田園風景が広がります。

宿泊者以外も利用できる1階部分には、レトロな自販機がずらり。
カップラーメン、トーストサンドが人気なんだとか。

チーズトースト(250円)を食べてみました。
田園風景に囲まれた異空間。背後のゲームコーナーにも懐かしさを感じます。

『公楽園』
住所:新潟県燕市熊森1283-1
営業時間:24時間
宿泊料金:2,880円

今回巡った記事はこちらから見れます。

1日目
〜新潟市内〜
『ぽんしゅ館』で米どころ・新潟を体感する
今や全国区に! やみつきになる『バスセンター』のカレーを食す
古き街並みの残る『沼垂テラス商店街』をぶらぶらする
少し足を伸ばして、『上古町商店街』で新潟土産をゲット
ワイナリー併設の宿泊施設『カーブドッチワイナリー』でゆったり宿泊

2日目
秘密基地のように広がる、地下ワイナリーを見学〜燕三条エリアへ移動〜
『TREE』のハンバーガーを楽しむ
『タダフサ』で包丁づくりを見学
燕三条のカフェスポット『ツバメコーヒー』で一息
知る人ぞ知る、『公楽園』で懐かしの自販機に出会う
行ってみたかった『喫茶 ロンドン』でクリームソーダを飲む