ホンモノのトキに会える!!トキと自然の学習館「トキみ~て」/長岡市

144

こんにちは。とも です。

特別天然記念物に指定されている「トキ」。
現在、佐渡市で飼育されていますが、長岡市でもトキの分散飼育しているのをご存知ですか?

佐渡トキ保護センターで飼育されているトキが鳥インフルエンザなどの感染症で絶滅するのを防ぐため、長岡市、東京都、石川県、島根県の4カ所で現在 分散飼育されています。

長岡市では、トキと自然の学習館「トキみ~て」で分散飼育をしており、その様子を観察することができます。

場所は寺泊の魚の市場通りから少し出雲崎方面へ向かったところ。

402号線に「トキと自然の学習館」の案内看板が見えたら曲がります。
少し進むと右手の高台に施設が見えてくるので迷わないかと。

施設は大きく分けて2つ。
「学習館」と「観覧棟」に分かれており、トキの飼育は観覧棟で行われています。

ではさっそく観覧棟から見学開始!

入館料は100円。
券売機でチケットを購入します。

おおおお!!!

首から上が真っ黒…。
なんか私の知っているトキと少し違うゾ。

なんでも繁殖期を迎えるとこの色になるらしい。
首から分泌される物質を体に塗って灰黒色の生殖羽に変化させるんですって。

ある意味貴重なものを見れた、という訳です。

室内には、双眼鏡が各所に設置されており、自由に観察できるようになっていました。

現在、観覧棟で観察できるトキはオスのみ。

うお!白い!!!これが本来の姿…

メスは裏のケージで絶賛子育て中とのことでした。

ちなみに、学習館ではトキの子育てをライブ中継しています。
赤ちゃんめっちゃ可愛い♡

実は、私が訪問する直前 ごはんタイムだったそうで、
惜しくも食事風景を見ることができませんでした。

エサをあたえる時間にお邪魔すると、間近で見れる確率もぐんとあがるのでおすすめ。

ただ、暑い日は、餌をあげても降りてこないこともあるのだとか。
そこは生き物でですから。仕方ないですね。

それにしても、エサが馬肉!?
ドジョウは知っていましたが馬の肉も食べるんだ…

いやはやびっくりです。

続いて、学習館へ。
こちらは小学校をリノベーションした学習館。2階は寺泊民俗資料館になっています。

入館料は無料です。

館内にはトキの関連資料がさくさん展示されていました。

現在育成中のライブ中継もよかったですが
人口飼育の映像もためになりました。

雛のエサの量が尋常じゃない
親より食べるなんて…(;・`д・́)

受付にはさくさんの折り鶴ならぬ折トキが…!!
なんでもお客様にお配りしているのだとか。

私も1羽いただいてきました。

稀少なトキを気軽に観察できるので、お子様にもおすすめです。
ぜひ足を運んでみてくださいね。

【トキみ~て】
時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
定休:月曜日・年末年始(12月29日から1月3日)
料金:100円(観覧棟のみ)
住所:新潟県長岡市寺泊夏戸2829番地
電話:0258-75-3201