4/23 150万本のチューリップ!!五泉市巣本は見ごろ/五泉市

1764

こんにちは。とも です。

県内でも有数のチューリップの産地である五泉市。

チューリップの球根を出荷するだけでなく見て楽しんでもらおうと、生産者に依頼してチューリップの畑を巣本地区の1ヶ所に集め、チューリップまつりを開催しています。

今年の会場案内図はこちら。

カーナビはJA新潟みらい一本杉集配センターにセットしてください。

ここまで来れば案内看板があるので迷わずいけると思います。
チューリップの畑も見えますし。

駐車場は全部で3つ。会場側の駐車場は身障者用です。
一般の方は早出川の河川敷に停めます。

誘導員さんがいるので指示通り進んでください。

お手洗いは河川敷側の駐車場に簡易トイレがあります。

会場の畑へ行くには、河川敷の階段を上り下りする必要があります。
段差が結構あるので、つらい場合は身障者用の駐車場利用をおすすめします。

階段の上からは、会場の全体を見渡せていい感じ。

早咲きのチューリップは摘み取りが始まっていますが見頃です!!!

実はこのチューリップの花は、散る直前に摘んでしまいます。
球根を太らせるため、早めに摘みとらないといけないのだとか。

なので開花の進み状況によっては花の摘み取り作業が早まる場合があります。

チューリップまつりは4月30日までやっていますが、早めに行くのがおすすめ。
後半になればなるほど花が少なくなります。

数年前から設置された風車。バックの菅名岳にはうっすらと薄化粧。きれいです。

ちなみにチューリップは同じ畑で続けて栽培することができません。

土の中に病気が出るからだそうで、毎年少しずつ場所を変えながら開催しているんですよ。
数年ぶりに行ったら場所が違ったー!!となるのはその為です。

畑の路肩を歩くので靴は汚れてもいい運動靴が良いです。
サンダルとかはおすすめしません。晴れた日は砂埃が結構つきます。

私がお邪魔したのは平日でしたが、大勢の人たちが思い思いに写真を撮っていました。
写真と言えば、観光地に外せない顔ハメもありましたよ。

チューリッププランター販売・抜き取り販売・球根予約販売もあります。
こちらは早い者勝ちです。

週末は、さといも汁の販売会、里芋まんじゅうなどの販売、地元特産品(地酒)、物品(おでん・焼きそば・おにぎり・ジュースなど)の販売もあります。

ぜひ足を運んでくださいね。

【五泉市巣本】
場所:新潟県五泉市巣本地区 一本杉地内
問合:五泉市農林課
電話:0250-43-3911
https://niigata-kankou.or.jp/spot/10576