上越の桑取地区の奇祭「馬」/上越市

388

上越市桑取谷 横畑の小正月行事「馬」

「馬」は古くから桑取地区横畑集落だけに伝わる小正月行事で、1月15日(旧正月2月15日)の夜
15歳から30歳の若者が扮する「大馬」と小学1年生から中学3年生までの子どもが扮する「子馬」とが
集落の各戸をまわり、家々の茶の間で、馬の跳ねる様子を真似て五穀豊穣を祈る奇祭です。

この「馬」は横畑集落の人口減少などで一度途絶えてしまいましたが、
全国でも珍しいこの行事を次世代に継承したいと、地元有志団体が復活させました。

平成15年からは「かみえちご山里ファン倶楽部」が引き継ぎ伝承保存を行っています。

当日は一般参加者も「馬」を体験できます。

会場は横畑集落内の 古民家「ゆったりの家」

会場では餅つきや繭玉づくり、過去の「馬」の映像上映なども合わせて行われます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

450年以上の歴史ある「奇祭」体験してみませんか?