全国各地で一斉開催の「日本酒で乾杯!」in つるおか食文化市場FOODEVER

169
(写真撮影:竹谷純平)

こんにちは!Dream Ayaです。

今回私は、2019年10月〜12月にかけて開催予定の「新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン」。その開催を1年後に控えた山形県庄内地方で開催されたプレキャンペーンイベント「日本酒で乾杯!」にお邪魔してきました。

お邪魔したのは、山形県鶴岡市の「つるおか食文化市場FOODEVER」。

鶴岡は、ユネスコの「食文化創造都市」に選ばれるなど、食文化がとても豊かな地域です。「FOODEVER」は、鶴岡の「食」にスポットを当てた観光施設で、厳選された地元食材を買うことができるほか、食にまつわる様々なイベントが開催されています。

また、日本酒やワインなどのお酒と一緒に料理を楽しめる「鶴岡バル」も併設されていて、庄内地方のお酒と料理を楽しめる施設になっています。

私が「FOODEVER」さんを訪れたのは、10月1日。

突然ですが、この10月1日は何の日か知っていますか?

実はこの日、「日本酒の日」なんです!

10月は、お米を収穫し、日本酒を造り始める大切な時期。10月1日は、昔から日本全国の酒蔵さんでは「酒蔵元旦」と呼ばれていたんだそうです。

もっと日本酒に親しんでもらおうと、1978年から10月1日を「日本酒の日」にしたのだとか。そして、毎年の「日本酒の日」に合わせて、全国各地では「酒の日乾杯イベント」が行われるようになったそうです。

同じ日の同じ時刻、別々の場所にいるみんなで一斉に日本酒で乾杯するという、素敵なイベントです!

「新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン」を1年後に控える庄内地方。今回「FOODEVER」さんで開催されることになりました。

乾杯が行われる18:00に合わせて、続々と参加者のみなさんが会場に集まってきました!

参加者全員には、特製のおちょこが配られ、準備は整いました。

いよいよ乾杯です!

カンパーイ!

イベントでは、特製のおつまみも振舞われました!地元産の魚介類や、野菜などが使われた、お酒に合うメニューばかり。

庄内地方の食の魅力をPRするフェア「食の都 庄内」の親善大使を務める土岐正富料理長、奥田政行シェフ監修のメニューなのだそうです。

どれも本当にお酒に合う!他の参加者のみなさんも、どんどん箸を進めていました。

今回のイベントに出店しているのは、山形県内にある18の酒蔵さん。

特設ブースでは、各酒蔵さん自慢の銘柄をいただくことができました。

私ももちろん、おかわりをいただきます!!

美味しい!おつまみと合わせて、どんどん進んじゃいますね(笑)

日本酒を片手に、みなさんワイワイ交流を楽しんでいました。

最後には、お土産として鮭や海老などのおつまみまでいただいてしまいました!

美味しいお酒だけでなく、料理も楽しめて、楽しく山形の「食」に親しめたイベントでした!

「新潟県・庄内エリア デスティネーションキャンペーン」本編も楽しみですね。

つるおか食文化市場 FOODEVER(フーデェヴァー)
時間:9:30〜23:00(店舗により異なる) 
定休日:店舗により異なる
住所:山形県鶴岡市末広町3番1号 マリカ東館1階
http://foodever.info/