湯沢・魚沼ひとり旅 みんなで乾杯、また来ますよ~。

199

樽酒を豪快に割ってみんなで「乾杯!」
日本酒の日イベントに飛び入りしちゃいました

来た時の倍以上になった荷物を抱えて改札に向かうと、のっぽのキャラクターが!

母とよく行っている表参道・新潟館ネスパスで見たことのあるゆるキャラ「日本元祖スキー漢(おとこ)レルヒさん」が手を振っていました。

周りには色とりどりの法被を着た人がたくさんいます。

なんとこの日は「日本酒の日」。そして、今日から始まる「新潟県・庄内エリア プレDC(デスティネーション・キャンペーン)」の日なのでした。

ステージでは樽酒の鏡開きが行われています。

新潟・長岡・越後湯沢・上越妙高・鶴岡の5駅で日本酒の乾杯イベントが行われるようで、越後湯沢駅でもセレモニーが始まりました。

法被姿の女将さんから魚沼の銘酒を注いでもらい、勧められるままにステージへ。

居合わせた大勢の方々と一緒に乾杯!

くいっと飲み干したお酒の美味しいこと。勧められるままに何種類ものお酒をご馳走になりました。

司会の方からマイクを渡された私は、湯沢・魚沼の旅が楽しかったこと、何を食べても美味しかったこと、ネスパスでよく買い物をすることなどを話しました。

新米コシヒカリ、あんぼ(米粉を使った伝統的なおまんじゅう)がもらえる嬉しいサプライズもあり、旅の最後にまたひとつ思い出が増えました。

乾杯の輪は続いていましたが、地元の子供たちが演奏する迫力のある雪雷太鼓を聴きながら、たくさんの思い出と共に東京へ帰ります。

たった1日の短い旅でしたが、最初はコシヒカリのイメージしかなかったけれど、何を食べても美味しく日本酒も最高でした。
歴史ある温泉の佇まいや収穫を待つのどかな田んぼ、心優しい人たち。

新潟のみなさん、湯沢・魚沼の皆さま、また、来ますよ~。待っててくださいね。セイラ