城下町新発田まつり

333
夏が終わる頃…新発田のおまつりが始まります。
子どもの頃、夏休みの宿題に悪戦苦闘しているこの時期
新発田まつり気分で宿題が片付かなかった思い出があります。
以前は、新発田まつりは3日間でしたが
近年では「城下町新発田まつり」と名称が変わり、
8月17日(日)から29日(水)の14日間のおまつりとなりました。
 
見所は何と言っても…しばた台輪です。
しばた台輪の特色は、前輪を持ち上げては下ろす、通称「あおり」動作を繰り返し、各台輪の勢いを競うところです。
しばた台輪は下町、上町、四之町、三之町、両町、泉町の6台があり、それぞれ激しい動きに耐えられるように
工夫されています。この機会にあらためて先人の「匠の技」を見て頂きたい。

また、新発田台輪の勇壮な運行も必見です。

 

 
また、新発田のおまつりでは金魚台輪も注目です。
古くから新発田に伝わる金魚の形をした山車で、子ども向けの玩具を作るようにと言われたのが始まりと言われています。
はじまりは、新発田藩藩主溝口氏お抱えの笛師を祖先に持つ竹細工師、矢代周平が1887年頃に考え出した玩具と伝えられています。上部に金魚の形をしたぼんぼりが乗った小さな曳き車であり、お盆近くになると子供達が
ぼんぼりの中にロウソクを灯し、夕暮れ時に曳き回して遊んでいたそうです。l

新発田まつりではこの金魚台輪がさまざま形で見ることが出来ます。

 


その他、さまざまな行事が盛りだくさんのおまつりです。
今年も夏の思い出づくりに「城下町新発田まつり」にお越し下さい。
 
期間中に行われる行事は
○8月17日(金)~29日(水)
●金魚台輪地域廻り
時間 各町内により異なります
場所 新発田市内の各町内
見所 子どもが大きな金魚台輪を引き廻します
○8月23日(月)
●市街地花火と和太鼓の饗宴
時間 18:00〜21:00
場所 新発田城址公園、他
見所 ライトアップされた新発田城三階隅櫓と花火のコントラストが夜空を彩ります
○8月26日(日)
●新発田よさこい物語~真夏の宴~
時間 19:00〜21:00
場所 新発田市役所 ヨリネスしばた 札の辻広場
見所 色とりどりの衣装と元気な踊りをお楽しみください
 
●奉納台輪
時間 5:00 各町内出発 8:00 諏訪神社奉納
場所 各町内〜大栄町交差点〜諏訪神社
見所 しばた台輪のあおりと木遣りをお楽しみください。
 
●しばたっ子の祭典
時間 14:00〜16:30
場所 新発田市役所 ヨリネスしばた 札の辻広場
見所 小学生による太鼓や金管の演奏、神楽の披露
 
●こども広場
時間 13:00〜16:30
場所 新発田市役所 ヨリネスしばた 札の辻広場

見所 子どもが楽しく遊べる広場

 

 

●民謡流し
時間 18:55〜20:20
場所 本町交差点〜石川小路交差点

見所 新発田甚句とあやめ音頭をお楽しみください

 

 
○8月28日(火)
●まつりパレード
時間 18:30〜21:00
場所 本町交差点〜下町交番前交差点
見所 金魚台輪や仮装行列、神輿、山車、踊りで夜の商店街を賑やかに!
 
〇8月29日(水)
●帰り台輪
時間 18:00 諏訪神社出発 22:00 全体運行終了
場所 諏訪神社〜大栄町交差点〜中央町交差点〜各町内

見所 しばた台輪の勇壮なあおりと帰り台輪ならではの木遣りをお楽しみください