まるでジブリの世界!カフェ「MACHITOKI」/加茂市

こんにちは。増田有華です。 今回は、日頃の暑さを忘れさせてくれる、居心地のいいカフェをご紹介します。 指定有形文化財「旧七谷郵便局」を再利用した「MACHITOKI」さんです。 緑の中にひっそりたたずむ外観が、ジブリの作品に出てきそうな雰囲気ですよね。 横浜で輸入陶器のネット販売をしていたご主人が、 6年前に事務所をこの場所に移転させてオープン。 ずっと地域の灯台のような場所だったというこの建物と、 この建物を大切に管理し続けていたお隣に住む大家さんの人柄に惚れたそうです。 その後、ご主人はデザイン業をスタートさせて、 店内にはご主人の「あったらいいな」をもとに制作した食器や文房具など、 こだわりの雑貨が販売されています。 「ビーカーなどの耐熱性に優れた理化学ガラスを、日常生活の中でも使えるようにしたい」 という、化学科出身のご主人ならではの発想から生まれた「DEGREE」は、 デザインに関する賞も獲得している商品です。 店内の大きな窓から見える木々がとても綺麗で、 ここではセミの鳴き声も心地いいくらい。 それほど大きなお店ではないのですが、 若いお客さんがたくさん来ていたので、 地元の方だけでなく遠方にもファンが多そうです。 私もこういう自然に囲まれた場所でカフェをやりながら、 のんびり老後を過ごしたいなと思わせてくれるカフェでした笑 MACHITOKI 住所:新潟県加茂市黒水856 営業時間:11:30〜16:30(土日は18:00まで) 定休日:月・火曜日 電話番号:0256-53-0026 HP:http://machitoki.com

やすらぎ堤で、まったり「アウトドア飲み」!/新潟市

全国各地の水辺の可能性を創造する「ミズベリング・プロジェクト」が、今年も「やすらぎ堤」を舞台に始動しました!  三条市のアウトドアメーカー・snow peakがプロデュースし、タープテントやテーブルなどの自社製品を使って上質な空間を演出しているんですよ。 アウトドアラウンジは手ぶらでバーベキューが楽しめる...

絶対行きたい!フォトジェニックスポット

旬のスイーツを食べにいこう!

「流れ梅」の販売は8月いっぱいまで!新潟の夏の風物詩

安政5年に創業し、今年で160年目を迎えた大阪屋で、 毎年5〜8月に季節限定発売される『流れ梅』。 新潟の夏を楽しんでもらえるようなお菓子を作りたいという思いから誕生。 1986年の販売開始から、新潟の夏の定番菓子として県民に愛され続けてきた。 『流れ梅』の梅果汁は...

食材や作業工程にこだわるジェラート屋さん「板倉ジェラート ニーナ」/上越市

毎日暑い日が続いていますが、そんな時に外せない食べ物といえば… 「ジェラート」ですよね! 上越の板倉区(旧板倉町)というところで見つけた「板倉ジェラート ニーナ」さんは、 地元や近県の農家さんから仕入れた食材を材料として使っている...

江戸時代から続く県内最古の酒まんじゅう/胎内市

今年で創業214年を迎え、酒まんじゅうとしては県内最古の歴史を持つ、胎内の『乙(きのと)まんじゅう』。 主原料は糀ともち米。もち米に糀を混ぜて発酵させた生地に 手作業であんこを包み、せいろに入れて炭火 でじっくりと二次発酵...

新潟で南国フルーツ!?「瀬波南国フルーツ園」へ行ってみた。/村上市

おせじにも南国とは言えない新潟県で、南国フルーツが栽培されているのをご存じですか? しかも県北の村上市で。 場所は瀬波温泉街のすぐそば。

人気記事ランキング

Pick!up!

ライター

FM KENTO
1996年12月25日に開局。 旧新潟市を放送エリアとして感度の高い洋楽を中心に放送。 「世界一楽しい会社を創る」を企業理念にFMラジオ放送に留まらずデザイン制作や各種イベントの企画運営等、様々な事業を展開。
FMゆきぐに
南魚沼・湯沢町の豪雪地帯のラジオ局です。 開局20年を迎えました。 合言葉はほっと一息FMぶれいく
FMながおか
1998年7月29日に誕生し、今年で20周年です。 長岡市、見附市、小千谷市、出雲崎町を放送エリアとし、 地域の安全・安心を守る情報ステーションとして 地域密着の放送を続けております。
FMじょうえつ
1999年4月3日、全国119番目に開局。 普段は上越の「ヒト」「コト」「モノ」を中心に、 いざという時は「災害情報」をリアルタイムにオンエア。 市民に寄り添いながら放送中です!
エフエムとおかまち
中越地震を機に2006年に開局。 十日町地域に密着して、ラジオ・フリーペーパー・WEB・ラジオアプリなども活用しながら日々街の話題や情報を発信中。
FMしばた
1997年10月1日に開局しました。 新発田市と近隣地域を放送エリアに地域に密着した情報を発信しています。 エフエムしばたを聞いて新発田を楽しんで頂き「地域の情報発信拠点NO1」を目指しています。
FMうおぬま
2015年12月に開局した魚沼市のコミュニティFM。魚沼市の情報は「エフエムうおぬま」で。