美人林と森の学校キョロロと松之山温泉

十日町市の観光と言えば車で行ける美しいブナの林「美人林」。 十日町市ではブナ林が民家の裏に普通に広がっています。 ブナの林の中は、野鳥の鳴き声と枯れ葉を踏みしめる乾いた音だけが聴こえ日常とは別世界。 美人林の隣には十日町市立里山科学館越後松之山「森の学校」キョロロが建っています。 中では松之山の里山の動物や植物の研究や展示が行われています。 7月1日まではちょうど「美人林ものがたり~里山の美しきブナの森の秘密」が開催されていて 美人林の秘密がわかりますよ。美人林とキョロロどちらを先に行っても楽しめます。 キョロロの塔は高さ30m。160段の階段を上ると展望台があり眼下に広がるのは松之山の大パノラマ。ちょっと足がすくみます。7月中旬からは新しい企画展が始まります。 松之山と言えば、日本三大薬湯の松之山温泉。源泉は95度の1,200万年前の化石海水が 湧き出ています。鷹の湯は気軽に立ち寄れる日帰り温泉。 お湯の温度は通常43.5度と少し熱めですが、とにかく温まり地元の皆さんと風呂の中での 会話も楽しく心までほかほかに。 鷹の湯の隣の柳屋のラーメン(700円)。一見シンプルなラーメンですが実は凄い。 手打ちの麺は魚沼産コシヒカリの米粉と松之山温泉の源泉が錬り込んであり麺はモチモチ。 この麺に深いコクのスープが絡むと「ラーメンの基本はここにあり!」と言葉に出したくなるほどの美味しい、チャーシューは名物の湯治豚を使用。松之山温泉に行ったら食べなきゃ損! 松之山のお土産は小島屋製菓店の名菓「志んこ餅」(1個税込み80円)。 地元十日町産コシヒカリをひいた上新粉を使用し、甘過ぎないまろやかな甘みのこし餡が入って、 食べると幸せな気持になります。美人林と温泉とグルメで心も体もお腹も癒される松之山の旅でした。 ・美人林  十日町市松之山松口 ・森の学校キョロロ  十日町市松之山松口1712-2 入館料 大人500円、小中高生300円、小学生以下無料 火曜休館、9:00~17:00 ・松之山温泉 鷹の湯 十日町市松之山湯山138-1 入浴料500円、小学生未満無料、第二、第四木曜休館、10:00~22:00(夏季) ・手打ちラーメン 柳屋 日町市松之山湯本16−3 (ラーメンの他、定食や丼もの有)第二、第四木曜休み、11:00~22:00 ・小島屋製菓店 十日町市松之山新山565-1 第一、第三水曜定休、7:00~19:00

新潟のホタルの名所である岩室温泉街で開催されるイベント。ホタルが舞う幻想的な夜を楽しもう!

今年もこの季節がやってきました! 新潟市西蒲区の岩室温泉街で「冬妻ほたる祭り」が開催されます。 「冬妻(ひよつま)ほたる」とは。。。 岩室温泉のおいしい清水として親しまれた冬妻清水の周辺で ホタルが育ち飛び交うことから...

絶対行きたい!フォトジェニックスポット

旬のスイーツを食べにいこう!

新潟で南国フルーツ!?「瀬波南国フルーツ園」へ行ってみた。/村上市

おせじにも南国とは言えない新潟県で、南国フルーツが栽培されているのをご存じですか? しかも県北の村上市で。 場所は瀬波温泉街のすぐそば。

生地作りから包装まですべて手作りの豆菓子。食べ始めたらとまらない!!

『まめてん(小)』は小麦粉と米粉を合わせた生地に 県産大豆を入れて作る豆菓子。 職人のおかあさんたちが大きな鉄板でひとつずつ生地を焼き、 米油で揚げ、遠心分離機をかける。 国産の米油を使い、最後に遠心分離機にかけることで、油菓子なが らも...

もっちもち!分水堂菓子舗「パンダ焼き」/弥彦村

みなさん「パンダ焼き」をご存じですか? 弥彦村の「分水堂菓子舗」のみで買える、たい焼きのパンダ型バージョンなんですが、 米粉の生地がもちもちっとしていて、とっても美味しいんです♪

デートにも女子旅にもおすすめ!邸宅や和を活かした可愛すぎるカフェ&レストラン

昔の邸宅や和のインテリア・自然を活かしたオシャレなレストランとカフェを2つご紹介します!雰囲気もよくて何度でも行きたくなるデートにも女子旅にもおすすめですよ♪

人気記事ランキング

Pick!up!

ライター

FM KENTO
1996年12月25日に開局。 旧新潟市を放送エリアとして感度の高い洋楽を中心に放送。 「世界一楽しい会社を創る」を企業理念にFMラジオ放送に留まらずデザイン制作や各種イベントの企画運営等、様々な事業を展開。
FMゆきぐに
南魚沼・湯沢町の豪雪地帯のラジオ局です。 開局20年を迎えました。 合言葉はほっと一息FMぶれいく
FMながおか
1998年7月29日に誕生し、今年で20周年です。 長岡市、見附市、小千谷市、出雲崎町を放送エリアとし、 地域の安全・安心を守る情報ステーションとして 地域密着の放送を続けております。
FMじょうえつ
1999年4月3日、全国119番目に開局。 普段は上越の「ヒト」「コト」「モノ」を中心に、 いざという時は「災害情報」をリアルタイムにオンエア。 市民に寄り添いながら放送中です!
エフエムとおかまち
中越地震を機に2006年に開局。 十日町地域に密着して、ラジオ・フリーペーパー・WEB・ラジオアプリなども活用しながら日々街の話題や情報を発信中。
FMしばた
1997年10月1日に開局しました。 新発田市と近隣地域を放送エリアに地域に密着した情報を発信しています。 エフエムしばたを聞いて新発田を楽しんで頂き「地域の情報発信拠点NO1」を目指しています。
FMうおぬま
2015年12月に開局した魚沼市のコミュニティFM。魚沼市の情報は「エフエムうおぬま」で。